きなり特徴

中性脂肪の基準値を目指すならきなりを飲もう!

投稿日:

中性脂肪の基準値を目指すならきなりを飲もう!

中性脂肪が高すぎると動脈硬化や脳卒中といった命に関わる病気の発症リスクを高めてしまいます。
あまりにもひどい場合は、薬を使わないと治りませんし、基準値に戻るまでかなり時間がかかります。
そのため、中性脂肪が高いと分かった時点で、早めに対処してくださいね。

中性脂肪の基準値はどのくらい?

中性脂肪の基準値は病院によって異なりますが、日本動脈硬化学会の数値を参考にするところが多いようです。
その日本動脈硬化学会の基準値は30~149mg/dlとなっています。
脂質検査をして、この数値内であれば基本的に正常だと思っていいでしょう。

そして、中性脂肪が150~299mg/dlだと軽度高中性脂肪血症、300~749mg/dlだと中等度高中性脂肪血症、750mg/dl以上だと高度高中性脂肪血症と診断されます。
軽度高中性脂肪血症であれば食事療法や運動療法での改善が見込めますが、中等度高中性脂肪血症になると薬を使う場合もあり、高度高中性脂肪血症にもなると確実に薬物療法が開始されます。

また、中性脂肪は低すぎても駄目なので、基準値よりも低い29mg/dl以下の場合も詳しい検査が必要になります。

中性脂肪を下げるサプリを活用しよう!

生活習慣や食生活の改善しても中性脂肪がなかなか下がらず、不安になる場合もあるでしょう。
私も実際にそうだったので気持ちは分かります・・・。
その打開策として私が試したのが中性脂肪を下げるサプリ「きなり」です。

口コミで中性脂肪に効くと評判だったので、使ってみたのですが、予想以上に効き目がありました。
きなりを飲み始めてから中性脂肪がどんどん下がっていき、現在はなんとか基準値におさまっています。
私みたいに中性脂肪が高いと診断された方は、中性脂肪を下げるきなりを試してみるのもいいと思います。

きなりはどうして中性脂肪に効果があるのか?

どうしてきなりで中性脂肪が下がるのか?それは青魚に含まれる「DHA・EPA」がたっぷりと配合されているからです。
DHA・EPAには血流を促す働きだけではなく、中性脂肪・内臓脂肪を減らす作用もあります。
一般的な中性脂肪を減らすサプリよりもこのDHA・EPAの配合量が多いため、きなりは中性脂肪に効果があるといわれています。

しかも、きなりのDHA・EPAは普通のサプリよりも品質がいいです。
強力な酸化防止成分「クリルオイル」を使用しているので、酸化していない新鮮なDHA・EPAを摂取できます。
これもきなりが中性脂肪に効果があるといわれている理由でしょうね。

きなりを使ってより効率良く中性脂肪を下げるには?

きなりを飲むだけでもある程度中性脂肪を下げることはできると思いますが、効率良く下げたいのならやはり運動や食事の見直しも重要です。
適度な運動と中性脂肪を下げる食事を心がけつつ、きなりを飲んでいれば通常よりも中性脂肪が減りやすくなります。
そもそも運動と食事の見直しは中性脂肪対策の基本なので、中性脂肪を減らしたい方は必ず行った方がいいと思います。

ただし、腎不全がある場合や心肺機能に問題がある場合、体調が優れない場合などは運動を控えてください。
無理に体を動かすと逆効果になる可能性があります。
なにかあってからでは遅いので、病院にかかっている方は、医師に相談した上で運動を始めましょうね。

-きなり特徴
-,

Copyright© 「きなり」の口コミを信じるな!飲んでわかった実力と効果は? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.